生活苦による借金なら

これまでは順調に人生を歩んできた方でも、突如として生活苦に陥ることがあります。
突然の病気や怪我、会社からリストラされたり、家族がトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。
どうしても生活資金に困った場合には、借金で解決しようとしてしまいます。
しかし、借金はいずれは返済しなくてはいけません。
借りるにしても、どこから借りるのかが大切になってきます。

生活資金に困った場合には、国や地方自治体の制度融資を活用してみてはどうでしょうか。
日本ではあらゆる生活援助のための貸付制度が準備されています。
せっかく高い税金を支払っているのですから、困ったときにはきちんと助けてもらいましょう。

低所得者や高齢者、障害者向けの制度融資としては「生活福祉資金貸付制度」があります。
都道府県の社会福祉協議会が窓口となって、安定した生活を送れるように支援を行ってくれます。
平成21年10月からは、資金の種類を「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4つに整理され、より細かい支援を受けることができるようになりました。

また生活困窮者に対しての総合的な支援制度としては「総合支援資金」があります。
失業などの様々な理由により生活に困っている方が、生活を立て直し経済的な自立を図れるように、社会福祉協議会とハローワークが連携して、支援を行っています。
生活費、居住費、就職活動費などの支援目的で、一定の金額の融資を行うだけでなく、就職先のあっせん、弁護士の紹介などの総合的な支援を行っています。

これらの制度融資のメリットは、非常に低金利で融資を受けることができる点です。
民間融資よりもはるかに低い金利ですので、生活を立て直すためにも積極的に債務整理を活用していきましょう。

Aaron